低コストの工事保険とは

工事保険は、建築工事現場で、火災や、作業ミスなどの、事前に想像できなかった事故が、いきなり起こってしまって、物的な損害が出たとき、事前にかけておいた保険の対象に関しては、補償してもらえるという内容の保険です。

工事に関する賠償責任保険はたくさんあります。

目的によって使い分けたい保険ともいえます。

コストを上げずに、カバーしておきたい部分はしっかりカバーできるよう、各保険会社の商品を比較検討する必要があるとも言えるでしょう。

工事保険は一般的にオール、リスクタイプの保険とも言われます。

工事請負制約金額が、保険の金額になります。

事故が少なければ、翌年からは当然、コストが下がるので安心です。

保険の対象は、工事の目的物や、工事用仮設物などになります。

保険会社により、内容の詳細は変わりますが、火事、爆発、盗難、作業ミスなどの損害は、カバーされることがほとんどです。

損害保険金は、復旧費と損害の拡大防止費用から、残存物価額と控除額を引いた価格が、保険金額より少ない分などとなります。

補償内容を充足させるためのオプション契約として、水災危険担保や、損害賠償責任担保などの特約を付けるケースもあります。